2回目 債務整理

2回目の債務整理(任意整理)は可能?2社3社からの借金返済方法を知りたい

2回目の債務整理(任意整理)は可能?2社3社からの借金返済方法を知りたい

クレジットカード滞納の危険性|口座差し押さえ?裁判?損をしないための対処法

読了までの目安時間:約 14分

 

手元に現金がなくても品物が買える便利なクレジットカード

 

便利だからこそ使い過ぎ

引き落としの時うっかり

と口座にお金を入れ忘れ残高不足になってしまったという経験をした方は少なくありません。
クレジットカードはとても便利ですが、一度口座から引き落とし出来ないとすぐに使えなくなってしまいます。

 

今回は、クレジットカードで作ってしまった借金・支払い滞納の対処法についてお話しをしていきます。
放置してしまうととんでもない損をしてしまいますので、すぐに対処しましょう。

 

b4fdfa369391566ebe2bef443486fc95_s

クレジットカード引き落とし残高不足の場合

「うっかり…」ということも多い残高不足
引き落とし当日に落ちなかった場合、自宅に再度引き落としされる案内のハガキが届きます。

 

再度引き落としが出来るまでカードは使用不可能ですので、もし再引き落とし案内のハガキが届く前に気が付いたらカード会社に電話をしておくと延滞金がかからず精算出来るかもしれません。

 

その場合、金融機関指定の口座への振り込みの場合が多いです。

 

再引き落としの案内放置の危険性

口座に入金せず放置していると、金融機関から電話の督促がかかってきます。

その際、電話には必ず出ましょう!!

 

怖い脅しの電話ではなく「なぜ支払いが出来なかったのか」「いつ支払いが出来るのか」の確認です。

嘘を付かず、いつなら支払えるということを伝えましょう。

 

無視をしているとあなたは支払う意思がないと見なされ、対応が厳しくなります。

 

 

電話の無視は…

強制解約になりブラックリストに載り、今後信用問題になりあなたにとって不利になりますので気を付けましょう。

 

”怖がらず、電話には必ず出ましょう”

 

 

1つのカードだけの強制解約なら大丈夫!と思ってはいけません。
信用情報はネットワークによって金融機関同士で共有されていますので、他のカード会社の使用も強制解約される可能性があります。
ブラックリストの情報は、5年程度は保存されるようですので、今後ローンを組んだり新たに口座やカードを作ることが難しくなると思っておくべきです。

 

 

”たった一度の、支払い滞納があなたの未来にかなりの損害を与える事になるのです”

 
 

 

放置し続けると起訴される可能性が…

滞納をし続けると大体3か月ほどでカードの強制解約と共に、滞納者に対して起訴を起こします。
 
起訴を起こされると裁判所から「滞納分の一括払いを命ずる支払い督促状」が届きます。

起訴され「一括支払い命令」が出たら、あなたの首を絞める事になります。
”裁判所からの命令を無視すると、あなたの預金口座や給与を差し押さえされる可能性があります”

 

 

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

 

日々の支払いが困難な状況で、一括支払い命令が来たらどうすることも出来ません。
そうなる前に、逃げるのではなく必ず対処をしてください!

 

起訴されない為に…

クレジットカードの支払が困難になった時点で、今の状況を見直す必要があります。

1つのクレジットカードを返す為に、もう一つ別の所でお金を借りてしまう。というパターン

これは、悪循環です。

 

クレジットカードにもキャッシングにも「延滞金」というものがかかります。

延滞金は、一つならまだしも2つの金融機関でかかっていたらバカになりません。とても無駄なことをしているのです。

 

”起訴されない為には、無駄のない計画的な借金返済が必要になってきます”

 

256771a4ddae03e23546306084a3bb10_s

 

借金返済が回らなくなったら、一人でやりくりしても計画的な返済の解決にはなかなかなりません。

今は、プロの電話やメールでの無料相談がありますので、まずは無料でそちらを利用してみるといいでしょう。

 

◆弁護士に相談は緊張する

◆どこに行ったらいいか分からない

◆まず状況をしりたい

 

と言う方は、ネットでの無料シュミレーターがオススメです。

あなたの状況に適している方法を知るための「解決ツール」として一番利用されているシュミレーターです。

 

借金がどれだけ減額するかも分かり、3ページ目の「質問欄」に今のあなたの悩みを記載してみるといいでしょう。

 

 

【街角法律相談所の特徴】
◆全国対応、24時間受付中!
◆「無料」で1分以内の簡単診断!
◆匿名の無料相談が可能!
◆相談内容に適した弁護士を紹介してもらえる!

 

 

<<街角法律相談所>>

 

借金返済には様々な手段があります

自分自身での知識では、限界がありますし、金融機関が法的手段を取ってくる可能性があるためきちんとした対応が必要になってきます。

 

借金返済には「債務整理」といって、弁護士さんがあなたの代わりに手続きをしてくれ「借金の減額・将来利息のカット」などの交渉をしてくれます。

 

先ほどご紹介した「街角法律相談所」では、あなたの今の借金が債務整理を行うことでどれだけ減額できるかの金額が匿名・無料で知ることが出来ます。

 

このままだとどうしていいか分からないと毎日お金の事で悩んでいる方は、1日も早く少しでも借金が少ない内にプロの弁護士さんに相談することをオススメします。

 

1日も早い借金問題からの解放を目指しましょう。

 

 

債務整理‐【クレジットカード】   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る