税金滞納の場合の対処法|差し押さえを防ぐためにはどうすればいいの?

2回目の債務整理(任意整理)は可能?2社3社からの借金返済方法を知りたい

2回目の債務整理(任意整理)は可能?2社3社からの借金返済方法を知りたい

税金滞納の場合の対処法|差し押さえを防ぐためにはどうすればいいの?

読了までの目安時間:約 11分

 

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

 

サラリーマンの方には、あまり意識していない税金
全て給料天引きになっていますので、自分で支払うという感覚がないものだと思います。

 

経済状況の悪化・給料の減額により今税金の滞納が増えているのが現実です。
国の税金を滞納しても、手荒なことはされないんじゃないかと思ってる方も多いと思いますが、そんなに甘くはありません!!

 

国民の義務の税金も、滞納し続けると【不動産・給与・口座などの差し押さえ】があります。
税金というのは、日本に住所がある限り支払わなければいけません。退職した後など、滞納が後を絶たないのです。
滞納したからといって、すぐに差し押さえということはありませんし、きちんと手順を踏めば滞納は防ぐことが出来ます。

今回は、税金滞納の場合の手順について詳しくお話しします。

督促状が来たらすべきこと

督促状は、納期限に支払われなかった場合1か月以内に「督促状」が届きます。
その督促状が届いたら、放置はいけません。

必ずしなければいけないことがあります。
”支払う意思があることを伝える”

 

大切なのは、支払う意思があるかないかです。無視をし続ければ支払う意思がないと判断をされ「差押予告所」が届く日も遠くはありません。

 

▶早めに自治体に連絡

督促状が届いてから、10日以内に連絡がなければ支払いの意思がないと判断をされ「差押予告所」の対応を受ける可能性があります。

差押え予告所を無視していたら、会社にも家族にも税金を払っていないことがバレてしまい、差し押さえを受ける可能性がありますので「督促状」が届いたら、即連絡です!!

 

 

滞納が続くとこんな危険が

滞納を続けていると、あなたにとって不利なことしかありません。

 

・本来の税額+延滞金
・実態調査の為自宅・会社への電話
・不動産・給与・預金・生命保険などの差し押さえ

 

税金滞納は、想像以上に処置が重いのです。

 

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

 

長期延滞は、高金利になりあなたの首を絞める一方です。借金の取り立てじゃないし差し押さえなんてないでしょ?と思いがちですが、そんなに甘くはありません。

 

国の税金だからこそ、きちんと支払いをしていなければ制裁されてしまいます。

 

 

滞納の理由を見直す

256771a4ddae03e23546306084a3bb10_s

 

 

▶▶体調不良で働けない状況

病気や事故などで働けない状況の場合、自治体に詳細を伝えると「納税猶予」が設けられる場合があります。
無視をして支払わないのではなく、必ず連絡をし事情を話しましょう。あなたの払える金額まで抑えてくれ分割支払いを認めてくれます。

 

 

▶▶倒産による預金不足・借金による生活費圧迫

倒産・借金の場合は、まず負債を何とかし普通に生活が出来るように立て直す必要があります。

借金というのは、一定期間過ぎたらなくなる訳ではなく借金を片づけなければどうにもならないからです。

 

 

借金・税金と両方に滞納金を支払っていたら、あなたの家計は圧迫する一方です。

借金もきちんとした手順を踏めば、将来の利息カットや借金総額を減額することが可能

 

借金が100万を超えていたらまずはこちらを利用してみることがオススメです。

<<街角法律相談所>>

▶▶無料シュミレーター

 

※2社以上・総額が100万円以上の方はこちらの「匿名OK/無料相談」によって借金の減額が期待できます。

 

”【街角法律相談所】の特徴”

・住所不要/匿名OK
・フリーメールOK
・今の借金からどれだけ減額が可能かが一目で分かる

 

プロに相談を迷っている方は、まず匿名での無料相談から始めるといいでしょう。
電話やメールでの相談は無料、実際に依頼するかは相談をし冷静に考えてから決めれば良いため、敷居がとても低く利用できるサービスです。
依頼をするか迷っている方も、相談は無料になりますので問題はありません。

 

税金を支払う為にやってはいけない事

税金の督促状が来たから、何とかお金を作らなければと「キャッシング」に手を出す方が非常に多いのが現実です。

しかし、絶対に行ってはいけない行為です!!

 

キャッシングは、翌月などにきまった額が入る予定がある方が一時的に借りるにはとても便利なサービスです。

しかし、お金が入ってくる予定のない方が借りると返せず借金地獄になります。

 

一時的なお金を作るのではなく、今のあなたの収支を一度きちんと見直すことから始めましょう。

 

滞納・借金が増える前に、1日でも額が少ないうちにプロにきちんと「無料相談」をし、借金・延滞金をこれ以上増やさないようにしましょう!!

 

初期費用0円・相談無料 安心な法律事務所

 

<<樋口総合法律事務所>>

 

▶▶無料相談「樋口総合法律事務所」

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る